2014年12月08日

香恋しい人で風に

春秋十色、一画一を隠さなかった。濃墨疏は浅い、忘れ去ら心尘。歳月を入れて、青年知は誰だろうか。妨げる雨潇湘であると同時に终章広大烟雨だった。
清云水瑶映っ行かふ。だから、人生はいつ離合果てだったのだろうか。近凡尘,よろしくお愿い申し上げます化蝶飞天、守り袖なしの間を満喫。敬虔な崇拝して、天地証しで私の生命の奇迹、一滴の色あせた血、1粒の心に伤をと1段のはるか彼方の話を、どのように、こちらは何を使ってでもか悲しげだった。考えてみたら、その感伤的になった歳月で、月の光の白といって、花前抚琴相思す。来日はすでに远く离れて、ティアナ無期、谁が私にしても、一シーズン潇湘夜雨だった。
孩儿鳴悲しむこと、孤客に転落したのだった。他郷で、簫音(チュウンチョンブクドてやせてに饰る私過重な人生だ。無心の情爱、すべて成空を希望している。寒夜、南星は勇敢に手を伸ばした。いつもと同じ私独り立ちのありとあらゆるだった。暢気たかったのですが、自然に美しいです。…かも知れない、世の中はもともと花前の一曲愁余り、生命のほかの欲望のではない。空谷の外の1株の涙が見える。青色の涙を吐呑「とどん」の間、黄昏へはいって私の夜、割れたすべての私の期待をかけている。
生活で編成された柵を挟んで、私は崇拝が空っぽの無の人生だった。と、端座雲月、生命すればいいなります。それとも外に出られない他人の梦一笔笔あの残酷remainしかない。ふと思い出した仏灯千年、したはずの五百回の「かんのん、もしかしたら、私はできると渡苦楽用として、辛酸をなめ書い見せる。
悠々と、踏歌滑り、一人の人间の世界で、夜の孤独、全ての美しさであろうと、みんなついて爱と恨み。私はどのようにのスケジュールを、歳月の湖畔の記憶。時間は、かびが生えること、薫(悪かった私の襟;阒寂深夜、谁が演奏していた。ぼく、あの未爱してそれで情の潇湘だった。
泣いた涙妃竹に横になり、雨の优しさに深いかぐ淡い発の香りがします。浓くて髪を怖じ気た僕の目を仰いで、遠くの方で、万物が私のために穴とだった。潇湘で涙を流すと、雨に降られた私の目の中のものだった。お寒い、碧草见圣,厚く、水のようにしても、した思考を洗浄してあなたに残した跡があった。
クレイジー、金では私自分の生活のドアは、たじろがぬ私のために移ろ喜怒哀楽が伺える。を知っていて离れることが二度と帰ってきて、やはり自分たちを選んだのに飽いて。もしできるならば、私は祈り、何も考えないで、もう忘れて、何も考えないで、もう、淡々とした声だったのだが、雨の中でものみに一件だった。
人生短い、愛のために本腰を入れ1世月日、待トルピョンイだったとき、人の古い花黄。発香成行かふの怪我をしている。愛を信じないと、信じない日月同じ日と同じである。空は元来は深く、云の重虹深されれば、雨風が襲ってきたが、ここの真理,いつだ。…かも知れない、私は気には月の下で私のロマンに所属していないのではなく、嫦娥妖艶なきれいダンスを披露。軽い離す莲步、裙扬リップ目が覚めて、お洒落に続いて、一帯の芳しさを、散るべき优しくて眠りについた。
無梦がありません。ただ、自分が広範囲になりたくない一件もなかった。见たくない聞きたくないって、すべての时间が私の胸を横切り、倾洒を集結させなかった血気だった。あるいは、アタシに騎乗して、量、名利によって表示が空の間に、無の醍醐味が味わえる膠原自生
実は、私は何もわからないで、见にくく、不愉快な道不明を抱く。一言で言えば、引っかき銃、血噴恨みは、これはなんと愚かな交換ですね!自由で負け、日夜鉄壁銅窓、周りの人、身の回りのことにはまだまだ続く自分の使命だ。
総たかったが自分の1段の爱情を書き換える自分閑散とした心房だったが、もう老いる、颜に唯一香恋しい人で風に、歓送私のやら去っていった。振り返ったのはすでにせいしゅう、再会飞行机がおおみそかの日に雨が降って長い。
タンポポへの想いを押しのけて、私を気にしています歳月の川の向こうのあなた。時間を慌ただしくて、雨で、私は依然として睑记忆の傘を、あなたのために遮风挡雨だった。长い距离に代わって、亭孤雨茫然、别れが義兄弟にも、离れてからだ。歩いているし、同绝しなくちゃいけないのは、あなたと一緒なのか、それとも远天涯だったのだろうか。迷ったで、ドリームが割れ、またわたしは川の水を鸟啼嗚咽に月だった。
空の痩せた姿、背後の黄昏に迫っており、红尘、満天の「ファウ」でも落ち、敷き诘めた心の暗闇だった。零黎明、生命のささやきを引き裂くように関係があるようには終わりだが、目撃情ためダンスの雨がまだ残っているのにも、日本の守護僕の不完全な潇湘梦でした。
は人生で、私を白く灼いてきて、ここの哀切な情爱、冷たくは深く爱する。かくにこだわっていては、誰が読める私は毎日のようにする「かんのんですか?静かな夜にになる想い零落成泥が私を探して卵も化蝶しようとしたことを、あなたのあのカ所の四半期対比の潇湘雨が降ったという。
花に沿って、深さを減価だった。懐かしいな世界、散る私は情痴のだった。十年、生死の黄土を伝えない轮廻間、歪んだ终の人は散る、しょう断情伤。花火の路地にたたずんでいた、次はだれの悲しむ人ですか。眉間を寄せ、军国ぷっくり情弦を現世戯れ不老漫然とだった。しわは笑い、目じり枯涸の涙を流した。私は谿を縦横に涙で、かつての孤独と寂しさを撫でて…
あなたとふく肩、ひたすら宿命のようなものだ。雨の縁の潜伏して、柳タバコのような形をして飞び、断私憂愁を描く。はばたこわんこそば、君のいない几山河をしなければならない。浮遊半生、弱が漂っていた叶は、いわばで消えて、一风はきれず、潇湘犹寒だった。
に手を伸ばし、カバー】があなたの颜を笑靥成痴、陥落方外気持ちを隠さなかった。端座蓮の花の外側に、手に付けて命のペンを一滴の青荷の涙が、スケッチをして私の人生が輪郭を現している。私は絵を追い、淡々と容隠(武林染み、あなたの頬から派生して、指のあの忧え悲しみます潔面調理。ペン廃棄互いに忘れる、云淡风も軽く、私に直面している紅塵万丈、天井があって、悲しみを探して潇湘フェサンペクリョンジ雨期だったのだろうか。
  


Posted by 美しい麗 at 13:26生活