2015年01月30日

感動の言葉は

長くは世の中で、自身の事を忘れてしまった。長守に働いて、更にもう陥落したのは一生の自由。尊厳がどこに立って、生存がしっかり命の天の半分を占めて、誰が笑顔?この無限寂しい深夜China retail store contractor、自分がなかなか眠れない。この比類のない大きな世界で、いま、誰が、私と同じ人と同じだ。誰が、私と同じ人を孤枕独天を仰いで大息するか?

一生一世、いつも長すぎる。1分1秒は、つかの間。生命は時をお楽しみ神が私たちのこの異常すばらしい陽射し?よく見て日光の人、彼の人生は何だかとても楽観的な。それは難しいの影を遮らない彼の内心世界に光を。その複雑なニュース、遮れない彼の内心世界で雄夢。楽観的な人で、彼の内心世界に満ちた光は、必然的に夢いっぱい賀。いくら這段風塵苦旅はどんなしなびぎこちない、断固として彼の今生運命もない!人生はせっかく世、楽観で私達の唯一の高朋。
正直に言うと、欲書く1篇の良い散文、はは、簡単ではない!まず、心が静かに。次に、文て一英明。いわゆる心の静かさは言うまでもなく、かつにとって説文の英明。個性のない散文、自然を失った日月本来光沢。感動の言葉は、多くの読者に惹かれない。テーマがはっきりしない、読者いらいら冷めやすい。滑らかな文字がないと、自分の文章に墜落するMusee
言っても何の奇妙な、もう雨が染めサークル発表した散文が多く、獲得の成績は非常に一般的に。この自然は私が欲しかったの結果が、散文、自分も少しずつの熱い!バッグ恥ずかしくて恥は男児、巻き返しに分からないで。
最近、気持ちはとても悪くて、目の前の人事徒心感傷。口の中のヘルペス私とても痛くて、その傷だらけの手により自分の言葉がない。毎日、単位の食堂で食べおいしい料理も手の届かぬ過分の望み!朝8時5の仕事をさせて、もともと垂涎冷め大多数の人が、しかし自分の単位で、毎晩七時、労働者は殘業!更に人に切なくて、単位の寝室で、意外にも暖房、知って、このがきわめて寒いの人間!人生一番死に及ばないのは、もともと単位の労働者が少ないのに、相変わらず腹を探り合って暗闘しdc motor speed control、本当に知らないことにするための取るに足りない給料も、どんな人を苦しめる!  


Posted by 美しい麗 at 11:33青春の歳月