2014年11月26日

夜に近い黄昏

日が暮れて、离れた夜の近くになっていたが、冷淡なあまり、私は夜の闇の中で道を见失いました。
夜には、私はそうでない黄昏がなくて、更には长くても石の光。総自分に教えたいつもりはないが、ホッとして、全体の季节はすべてロッパは漂っていた。そこで、私は信じて、信じて花が咲き、信じて春の访れる。今は、春は去り、花が咲いていないで、秋も来なかった。隣のネオナポリス、小さく音羽山を無くせ、生死の間に似ているような人生の感情、ぼんやりしているようにも見えるしあれらの墜落の指先の無名のは确かだ。
理想、非現実的な選択をするかに、自分が何回か逡巡する抱えて进、懸念の声で。道は広大なのか、それとも二の舞はすでに決まった?これと関連し、私自身も解答できない、もしかしたら、私は人生の答えでもなくて、ただ一つのシンボル、间隔のすべての爱と情だ。重くなり、幼かった時の楽園ケミカル研究所、激しい雨が席巻してお花畑里の草にも、土の香りが変質されたことがいて、私は遠くに行って、远く离れた門が搭載されませんが期待していた小窓がある。今、もう雨風に腐败、位垂暮老人ステップ」の清算に風」の中で私を待っていたのがやってきた。目を閉じて、私はまるで闻こえてい吱呀に食い込んでいるわずかの小さな窓という信念を持っている。私は胸が痛くなるには、夕刻に回帰近づいていった。小さな窓の世界だ。
踏んて悠然と立ち止まら、命は前进して、止まっていたはかびるの時間になった。いつも、力を入れたをしっかり握りしめて人生の話を、谦虚されて闻く人の声である。泣きたくないよりはしたくなかった。涙を流すと、目の機能を鑑賞できるだけの美しさ、鑑赏醜い。私たちに変化させることができたのは、自ら、客観的存在の悩みは私たちの頭の中で、余分なよしみだ。私たち心静如水さえあれば、何やってら黄昏は近くない夜なのだろうか。

…かも知れない、谁でも一つの黄昏、山吹色の夕日をつけ、空の果て、何気なく山の染めうずまい草花の命を奪った。生き物は生き物との間には、もはや距離ではなく、姿勢を正した。自然の摂理を一つになった。そうだ、全体の世界」というのは、一つの命を奪った。それの呼吸そんなにの有力だとすれば、荒くらしい。思案して未来にならないらしかった。そうなんですよ。世界の命は夕暮れだったが、夜が开いています血盆大口じゃ、准备に饮み込まれてしまった残羹屈竟間馆过臭しなければならない。すれば喜んで、私のお考えがよりはっきりし、内部の残羹をめぐって、生活の苦痛を咸涩甘みの涙を腐食しながらパウダーを持って、私自身、まるで残羹師承の汪穏やかな波纹を印刷するように私のさり気ない、むしろ数だけを待つのできない揺れている尾を乞う私の施し。私はひとつの贫しいの时间の人しか残っていない人のために払ったのだ、僕はまた何なのだろうか。私は时には魚がおどおどと、私もできませんさざ波の束缚、わずかしか飞水面、みて自分の夕方です。
夕暮れの中で、私は努力したつみたて世の中で最も美しい心像に迪士尼美語世界 、东はpentiumの咆哮黄河、西は待ち、私は帰ってきた美人で、秀丽江山は私の足もとに、世の中のすべての気配が私のために呼吸をしているため、世の中のすべての血が私のために時は流れ、世の中のすべての日の光が私のためにもちらつく。まさか私はあの不朽の帝王だったのだろうか。どうして前に燕のない私の屋根の下に巣をしなければならない。ひょっとして、土の匂いをぷんとしすぎているだろうか。あるいは堂の前燕は血光で方向を失った。どうすればいいでしょうか堯天に立つしかない一方、衣の路地で、生命に立って木用。風の樹影に覆われて黄昏の蒼白になった。それにもかかわらず、谁かわかる私ですか?时には夜にするかもしれませんが、近くに揺らせた自分に近い死に絶え碁だった。
来ていたが、私は见て、夕暮れ馬に乗って云、うつくしいで鈍い疲労感を伸ばして、手足をあれほどの大きな手足てうっとりの景色を见て、れそうに遅刻したカタツムリだった。私は振り回された天狗、ひっそりと、嫦娥に近づいてきた。玉池湖、澄んだ水浇洒、真っ白な肌に、月光の寒いのに、さらに月光の飄々としなければならない。真っ黒髪で、水中の优しいもんで、静かになった十里蛙声だった。私は急いで眼には、月桂樹私の脳裏に迅速な開枝散葉が出てきた。巨大な木の蓋は、天地を総なめし、一瞬にして、玉池湖の嫦娥化とともに光へ向けて、神々しい怒り寒宮だった。私は手をあげ、ウサギの毛髪が掌にふるえる雪白色な光を光に沿って、私の生命を脉络広がっており、迅速な小包が暮らしている私の自由、私の足を止めている。突然、みだら寒いの意が麻痺していて、私は私だけ気の狂った獣は、后羿の目には疾走している。私は生命、速度は光の中で绘花カタツムリを歩きながら、一匹の黄金色の矢は私の胸に、血は穴が水の血を流していた。血液の艳红碁だった。アタシの体をゆっくりと倒れて、カラス官の声からではなく、善意の私に教えて、私は夕暮れの中の太阳、私は快適で笑っていた。それから、私の目には夜、私の生命の中では夜、唯一私の血は依然ある黄昏の一部だった楊海成
手を止めて、止まれの中で、夜の中で、私は用事な、ネオンの中で生み出された声が響いた。しかたなく、イヤホン里bgm私は夜が占めていた思いだった。一歩また一歩、パッとしないし、事実上、この上ない重くなり、まるでが深まったを彩る。崖っぷち街灯煌々たる電灯の光で、私はまだ黄昏にアクセスできる。前方に、私の黄昏になれると確信を続けていた。足踏みを機に、そばの通行人が、道端に、夜の林完备の融合、まるで葉っぱは夜があるばかりである。もしかしたら、私は夜の一部で、どこまでだったのだろうか。闇からどこを见ることができ、それでも仆は他人の明るいようだ。明るさと暗さについては、私の目は不十分なものの線をもっとを的确に私に区分の简単な方法です。私は単纯なのですが、见えるは光明(クァンミョン)が见えない、闇のですが、実は私见の闇より光明(クァンミョン、そこでじゃないかと思って、勇気がないと断定するのは、妄言を自分の属性ではない。
知らないどれだけ歩いたのだろうか。步いただろうか。風の木だけみて、人影绰绰だった。私は走るいき、私の体には人影から消えてしまって、见た目は私に見返した。ずつ彼らが僕から離れが迫るにつれ、ちょっとどぎまぎして、あわててさえぎるに手を伸ばした。結果になるだろうと思って突き飞ばされ、実ってその眼の自動車をくぐって出たアタシの体は、圧しました私の魂を慰めた。私の魂が血を流すことなしに、私の精神が散る。間もなく、私の体に一片の羽さ、陳柏楠 一枚の竹パイプ椅子にまで飞んでいますよ、私ははたいへん疲れて、ただで横になっていて、竹パイプ椅子に魂が碁だった。  


Posted by 美しい麗 at 12:54生活

2014年01月24日

この1枚豊かなの切符


異郷の異郷ほど、もっと望郷の情に分かって濃くて。ゆっくりと流れて遠方の小川、郷愁が濃厚て川も薄めない昇ってくる空を眺めた月を、郷愁が強いほど月光も溶けて開かない。帰り道、遠路はるばる、道中越し高山、川を挟んで挟んで、びくびくする、とても気にかかる越しに、1枚越しに印刷されているスタートからゴールまでの切符。なめてはいけませんこの一枚の切符を薄く、何人に夢に見るほど恋しく思わないまま、把握;何度も悩んだ挙句、それとすれ違い。その原因は千差万別で、心の気持ちは万感胸に迫る。年の瀬は近くて、帰り道が混雑している。毎年途中や駅を急いでの場面で、最も感動させるのはあれらのホーム前生死別れた人。そのような眼差しも、やNeo skin labはり熱い涙も、無地の言葉も簡単に手を振るの間で、中はいつもこめて綿々と思いは伝わらない。言わず道風雨、言わないし、言わない苦労をただこの年三百六十五日夜の郷愁と、十分に1部で百万字の長編も尽くすにくいように。もう一度見てあれらの家の中で見守った白髪の両親は、その寂しさを上げて庭にロン待ちわびた妻、それに凍って真っ赤な小顔に立って村を親の子供に渇望の目が、思わず鼻をり越え、だるい、目に涙を含む。もっと大団欒の祝日で、あれらの家に帰らない人ほど孤独は寂しい。行行重行行、どこか帰り;から千裏、天涯共月明。胡馬北風に依る、胡馬北風に依る。久しぶりに情をより深く、道が遠い思はますます濃
いつもウズウズして、いつもせわしなく行き交う、いつもたくさんの殘念に思って、いつも心にかけて声の中で。この望郷の帰省の味は、当事者は、理解できないその万優しさ。一列列車は遠く、乗せてばかりではおびただしい数の人が八百万のとても気にかかる、胸いっぱいの郷愁;これひとつひとつ小さな切符だけでなく、このお金と距離を計算して、しかも宿る幾千幾万の家庭の夢と喜び。大波に押し寄せ、人海沸騰、数十億人の大移動、一言だけは郷愁形容できる?すべての人の夢想はすべて同じではない、今の私の心の中は1つの最大の夢は、ある日は徹底的にキャンセルの列車の切符の廃止、列車の切符、誰も自由自在に乗車、ごとに1つの遠方旅人も家族と再会、郷愁化を明月、相思化を雲、涙の粒化を真珠、一家団らんのもう1つの中国の夢!
ああ、この1枚豊かなの切符!  


Posted by 美しい麗 at 19:29生活