2015年05月20日

一人で私を待っ

天地の大収容することができるので、たとえ万物、はしない容若心の呻吟;私の心は小さくて、たとえ彼の利己的な収容することができるので、彼のごまかし、彼の過ちはしない、自分の孤独と痛み。Production Diploma気にしないで下の感情を忘れないの過去、私は最後にやはり选んで待つ、馬鹿にして互いにささえ合い承諾のとこしえに変わらない。ある日望んで感動できる神様、私たちに助け悲運の鴛鴦。を待つ日々は過ぎるのがとても長くて、とてもつらいです、この2ヶ月1世紀ぶりよう。時間は一時、それは私を助けをマスターして、分かって。今振り返って考えてみて、私は何を待つのですか?幸福はなど来ないのは、私のない私など、私に属しません。私はもうなど。を見かけたという話「かつてあなたは一人が好きで、好きでないまで救药甚だしい、あなたが好きだと思って二度とないように一人が好きになった。数年後、はぼやけて思い出せない。もともとそれらのすべての情熱、興奮、離せない、惜しむのいずれも時間に従って、歳月の中でそっと流失、やがて消えていく。だから何も忘れて、なぜしきりに執着。あなたはあなたの自分を書く必要はそんなに難しい役に作者の脚本?その後の後にあなたは知っていて、あれらのあなたの過去に行ったのは、過去。」はい、私は過ぎるのが切ないのは、神様、彼ではないではなく、自分。私はあれらのいわゆる忘れないで、本当に忘れられないのではなく、私は行きたくない忘れの言い訳。恋は手に握った砂、握りほどきつく握りほどきつくなく散り、以上、それより揚。

かつて私は幻想を持ってた幸せな家があるので、彼は、私のために、私たちは一緒に生活して、一緒に仕事をして、一緒に勉強し、一緒にご飯を作って、一緒に散歩して、いっしょにチャットして、私達の喜怒哀楽を分かち合う。しかしこのすべてはすべてただ私の夢は、それらの私の縁とは縁がないと思って、私は永遠にもただ一瞬の流星のよう。私は知らない私のどれくらいの時間でこの感情を置くことができて、このページを越えて、僕も知らない次のページの私はどこへ行って、どんなストーリーを上演している。あるいは幸せや、漂流してないから。人の一生はいつもそれでは1段の時間で、不安と迷い、私は逃げられないだけ信じて勇敢に直面して、結局はある日私が克服する不安から出て、迷い。おそらく、ある地方の片隅の曲がり角に、一人で私を待っているのが、ステージの美しい出会う!
愛情の中に間違ってない、ただ私達の最も本当の心に遭った間違った人香港離島遊!  


Posted by 美しい麗 at 13:12青春の歳月