2015年08月19日

「せっかくの休み」の過ごし方

この季節になると、小中学生時代の友人たちと集まって、グダグダと飲む。地元を離れて就職したり、家が近くてもなかなか会わない友人らと過ごすのは、やはり格別。数年前からはじめたことだがDR REBORN、ナンダカンダで続いている。

だが、今年の夏は序盤から忙しく、お盆でさえ休みが取れるか分からなかった。

世間がお盆休みに近づくと、僕の周囲がわずかにザワつきはじめる。そんな期間に働いても、どこの会社も休みが多くて、仕事にならない、と。ふとカレンダーをみれば、僕にも「お盆休み」というホリデーが存在するということを、つい先日、知ったのである。

そしてさらに知る。「お盆休みに○○をする」という予定を立てることすら面倒なのだと。

これは気分の問題である。休みの数週間前から予定を決めていれば、そりゃあ、楽しみであろう。しかし、旅行へ行くのにも、気力・体力・財力を使うもの。

日々、忙しいビジネスパーソンなどにとっては、DR REBORNこの期間でじっくり休みたいと思うひとは多いはず。要するに、「せっかくの休み」というフレーズの受け取り方は、人によって違うのだ。ちなみに僕は、家でゴロゴロしたい派だ。

そんなときにハッと閃いたのが、毎年の飲み会である。

思い返してみれば、家でゴロゴロとしていた「思い出」は頭に残らない。やはり、友人たちとバカ話をしていることのほうが、記憶に残っている。そう考えたとき「せっかくの休み」には何をすればいいのか、自ずと浮かんだ。

急いで友人に連絡を取ると、奇跡的にお盆中の1日だけ、予定が合った。と、同時に、お盆に予定を立てることができたという達成感が沸き立つのだ。もはや、予定を立てたことだけで、お盆を満喫したような気分になっている。

ってなわけで、お盆の予定も(1日だけ)決まったことだし、DR REBORN家でゴロゴロDVD観賞でもしますかな。せっかくの休みなのだから。  


Posted by 美しい麗 at 16:31青春の歳月

2015年05月20日

一人で私を待っ

天地の大収容することができるので、たとえ万物、はしない容若心の呻吟;私の心は小さくて、たとえ彼の利己的な収容することができるので、彼のごまかし、彼の過ちはしない、自分の孤独と痛み。Production Diploma気にしないで下の感情を忘れないの過去、私は最後にやはり选んで待つ、馬鹿にして互いにささえ合い承諾のとこしえに変わらない。ある日望んで感動できる神様、私たちに助け悲運の鴛鴦。を待つ日々は過ぎるのがとても長くて、とてもつらいです、この2ヶ月1世紀ぶりよう。時間は一時、それは私を助けをマスターして、分かって。今振り返って考えてみて、私は何を待つのですか?幸福はなど来ないのは、私のない私など、私に属しません。私はもうなど。を見かけたという話「かつてあなたは一人が好きで、好きでないまで救药甚だしい、あなたが好きだと思って二度とないように一人が好きになった。数年後、はぼやけて思い出せない。もともとそれらのすべての情熱、興奮、離せない、惜しむのいずれも時間に従って、歳月の中でそっと流失、やがて消えていく。だから何も忘れて、なぜしきりに執着。あなたはあなたの自分を書く必要はそんなに難しい役に作者の脚本?その後の後にあなたは知っていて、あれらのあなたの過去に行ったのは、過去。」はい、私は過ぎるのが切ないのは、神様、彼ではないではなく、自分。私はあれらのいわゆる忘れないで、本当に忘れられないのではなく、私は行きたくない忘れの言い訳。恋は手に握った砂、握りほどきつく握りほどきつくなく散り、以上、それより揚。

かつて私は幻想を持ってた幸せな家があるので、彼は、私のために、私たちは一緒に生活して、一緒に仕事をして、一緒に勉強し、一緒にご飯を作って、一緒に散歩して、いっしょにチャットして、私達の喜怒哀楽を分かち合う。しかしこのすべてはすべてただ私の夢は、それらの私の縁とは縁がないと思って、私は永遠にもただ一瞬の流星のよう。私は知らない私のどれくらいの時間でこの感情を置くことができて、このページを越えて、僕も知らない次のページの私はどこへ行って、どんなストーリーを上演している。あるいは幸せや、漂流してないから。人の一生はいつもそれでは1段の時間で、不安と迷い、私は逃げられないだけ信じて勇敢に直面して、結局はある日私が克服する不安から出て、迷い。おそらく、ある地方の片隅の曲がり角に、一人で私を待っているのが、ステージの美しい出会う!
愛情の中に間違ってない、ただ私達の最も本当の心に遭った間違った人香港離島遊!  


Posted by 美しい麗 at 13:12青春の歳月

2015年04月24日

痛みを心の中では

今日の午後突然遠くからのメッセージを受け取って、私を望むはず日夜のサプライズが、私の気持ちは今日の午後の天気のように抑えて、まるで醸す異常嵐。
心の中の上に座ってイライラして私ができなくて、何もしたくない、何も億劫に考えて、思い出して一言、いやに酒のようです、飲み口に入れて、痛みを心の中では、忍忍は、Interior decorationを吐くことができない。今私の気持ちは一杯の苦い辛いよう、私は言えない心の苦い、だけにむせて流出苦い涙落ち口に、再びこの不可解な痛みを感じ。私は窓から外を眺めてあの暗い日で、風の心の枝、目に涙を堪え、涙の下で、この言葉で形容か私の気持ちかもしれないが、無言の抑圧より抑えて私の心は、ただただ建設の撃キー音響が伝えるの情、感傷的な文字が表現意味だろう。
私はなんと希望に帰り、私は再び選択を逃し、私今出会う人、私をよけて今日のいらだたしい。かつてそんなにの真実、現実は殘酷で、未来はこんなのには勝てぬ。過去に戻れない、よけでも今と未来はない、私の心は彷徨う、私の人生の方向を探して、私の未来は夢。そして心に付着した世の中の情と、愛と愛憎と結ばれた縁があったので、愛と恨みの鎖、一人のせいで、二人の鎖ではなく、心の理解ではなく、恨みの根芽。
私の内心の辛酸、誰を理解することができて、彼女の流した涙もくっきりと、どうしよう。彼女の心は変わらない愛、彼女を思う心は変わらない、彼女の努力が1世は変わらない。肝心な点は私は今どうするか?彼女に恋をしたくない、閉鎖自分の愛、私は彼女の気持ちが見えないのに、また放すことができないで彼女を殘して、私は彼女の約束を、ただ一言蒼白な話。
私の内心の深い所の彼女に、あなたは知っていて私の心。私は内向外向(性)の人に転じ、隠れないごまかさないならば、私はあなたの愛に対しては、表現が上手でも伝えられない護膚品個人化私の真実の愛。私は私自身を恨んで、私はこの乱人恨天;私は、私はあなたに会った、私は恨み時間、間に合わない君の手を掴み。
私はなんと私があなたの目の前にあなたの存在を感じる、
私はなんと私あなたの手を握っている、あなたの優しさ、
私はなんと希望を抱いてあなたの肩、感じるあなたの鼓動、
私はなんと私あなたの目を見ながら、感じるあなたの瞳、
私はなんと希望君の髪をなでて、あなたの息を感じる、
私はなんと私あなたの世話を一生、感じるあなたのそばに、
更に多くの希望も失望、今。私は恐らく二度とあなたに会えないで、私が再びあなたに会った時、あなたは彼の妻は、私の友人。私はあなたを放棄したくない、もしあなたは私に聞いて、何もあなた、私はとても喜んであなたのことを愛して、あなたが何を持ちたい君に何を、私は迷わずに持ちたい君のすべてを。
私はあなたに私に嫁ぐのイライラしてくれ、これらの苦しみに耐えに耐え、これらの痛いでしょう、あなたが現実に解放されて。  


Posted by 美しい麗 at 12:19青春の歳月

2015年04月16日

1種の古意の趣

小さい頃お祖母さんの家へ行き、何かって一段の靑石板路。靑い石板とさらに、ちょっと長さ、一枚一枚がなくて、平平まる暖かく大地道の真ん中。道が平らな地形に沿って、一面の水田の間を蛇行鑲牙道の端にはずらりと貼りの野草長、靑靑生花、密密本当。
石畳の上を歩いて、1種が厚くて穏健な感じ、歩履のほかにしなやかに。寂しさを追い払うために、私啍ながらた歌を眺めながら、目の前の世界。視野の中で、遠くの小山はっきり可知、百メートル以外の川は静かに流れる、田野に数本の木が生えているので落落、たまに何羽の水鳥が見えるから畑を、1筋の清浄な匂いが漂って、目の前に一派魅惑的な田園風光。
この本の靑い石板小道、まっすぐに伸びて、天国へ山のふもとの小さな山村で、祖母の家はそこにいる。は小さな山村が、靑山に囲まれ、緑に囲まれ、そこの人々のために作って日の出、日、近所づきあい平と付き合って、友好的往来、それも初々しい静かで、人の典型的な雰囲気を持っている山。
この本の靑い石板道で、歩い何往返も知らない。いつも一人でゆっくり歩いて、静かに見て、副天真爛漫な態度。時には霧が風を見て、飄々と、自分の気持ちも浸り静謐安らかな雰囲気の中で;時には夕陽を見て西の山を染めて、霞の空で、1種の暖かい感じが胸にあふれて。少年の心は単純で澄んでいる気分も景色の変化につれて、思わず起伏Interior decoration
この本の靑い石板路、いつか屋は、靑い石板を絶えず摩擦がつるつるして、上はあります1本の深い轍跡。これで分かるように、それは一定の年代。春夏の間には、江南雨の多い季節、雨上がり泥んこ道、歩きづらく、もし台車人がこのような場合は、もっと苦しんで。路面に敷いて靑い石板、美観の役割は、主に便利のために人々の往来。
その時、私はまだ考えない先輩たちにこの道での様子。今のところ、先輩たちの生活は大変。粗布衣を着た男、肩でザル、プッシュ木輪車、一歩一歩を運んでいる貨物、艱難な荷物を背負って歩いて行く;おばあさん、嫁かごを持って、子供を連れて、週りのいくつかの村落親戚を訪ねて、両足を徒歩で往復。すべすべの石面、あの深い轍跡、まるで先輩たちがしわだらけの顔を殘して疲れて、生活の苦労も記録した生活の剛毅。
石畳の道を歩いて、感じることができる1種の古意の趣。その一枚荒涼としても失わないやさしい靑い石板、知らない人々いくら汗浸潤、人の感情を凝縮した。人の足を踏んでその上に、圍裙まるで1種の歴史に歩いて時間の感覚で、トロッコは木の輪にひかその体は、「花を出すと”の音。靑い石板はは小さいながら、はうにはいつも1種の寛大さに耐えるして、1種の幸福犠牲。  


Posted by 美しい麗 at 18:56青春の歳月

2015年04月14日

一生の事業

春の中に、すべての生命は季節に伸び、あれを飛んでいる鳥、DR REBORN旋回した飞雁、そして卵色の小枝、準備に咲くつぼみ、小川がさらさらと流れての、すべての生命の怒りを持って動くと春の味。

私の愛は晩春仲春前ではなく春の季節に、この時、花は次々に開放、庭いっぱいの春景色、各種の花として、自分の特有の香りで落ちて、桃花びらから果実の蘊育は、ゆっくりと彼女の顔に幼い、いろいろな鳥児も奏でる春の&。畑一面の緑の小麦も出穂、各種時野菜菜も争って人々の食卓に走った。さすがに目立たない紫李もこの季節、花がしおれ败から赤の紫になって。
思うに、この季節に乗って自転車漫遊に大自然の懐は1件のとても気持ちいいこと、好きなように春先季節、お茶を飲むことが好きで、私は竜井茶、黄山の雲霧茶、この類のお茶は一種の濃くて香の感じは、鉄観音、深紅の衣も、またその種類紅茶、彼らにその色艷こくのある感じは人にとても心地よくて、あげない人は想像の空間、私は春先からた季節が好きですDR REBORN
春からの景色は私のカップ時は各種のお茶だけでなく、色の淡いしかも味も香り、品を聞いても後味が尽きなく;更にたとえば酒を飲むことが好きで、私は低度の酒を開け、瓶、そのアルコール綿の香り息さわやか、銘心。しかし、その濃厚な酒は濃い香りが殘ってくれない人中、初春の野原を探してひとつの緑の草原、あぐらをかいて、閉幕空想、その秘めた生命力、間もなく喷薄欲出のさまざまな美しい麗、その爽やかな感覚を確実に陶酔。
これによって、私たちを連想した人、あなたは見ても老若男女1遇この季節、みな元気で若々しい雰囲気に満ちている、靑少年が盛んな活気、中年磨拳塗布掌をしようとする1番、高齢者にも振らに自然の肥大、一枚のすばらしい気持ちをすくう。
一年の計は春、一日の計は朝」、この二つの語が始まって、起点で、私たちはすべての人の人生は、四季の変化から、創業時ちょうど初春季節で、春画策で秋の収穫、DR REBORN一生の事業の良し悪しはポイントで起業した時。  


Posted by 美しい麗 at 16:52青春の歳月